2012/03/13

スーパーの宅配が人気

スーパーの宅配が人気


記録的な大雪に見舞われた函館・近郊のデパートやスーパーで、野菜や日用品を消費者宅に届ける配送サービスの利用が増えている。
インターネットで商品を注文するイトーヨーカドー函館店(美原1)の「ネットスーパー」は、2月の利用が前年同月比40%増となり、同店は「大雪の翌日や道路状況が悪い日は特に利用が目立った」としている。


同店は、食品売り場の生鮮野菜やお菓子など、ほぼ全ての商品の注文をネットスーパーで24時間受け付けている。2月8日ごろから利用が増え、1日の受注限度120~150件に達した日も多く、同店は「こんなことは初めて。トラックの運行台数も限られていて、対応に追われる日が何日も続いた」と驚く。
入会無料の同スーパー会員は函館・近郊で約4000人。配送エリアは旧4町村地区を除く函館市内と北斗市の一部で、毎日3便運行。注文から最短約3時間で届ける利便性と、4000円以上の注文で配送料が無料になることから、主婦や体の不自由なお年寄りらに好評という。同店は「今後は配送体制を拡充していきたい」と話す。


スーパー魚長は函館・近郊の13店舗で、各店舗で購入した商品を届ける宅配サービスを展開。60歳以上の市民や妊婦、体の不自由な人は月曜日に限り配送料無料で、2月の利用は前月比200件増の約540件となった。同店担当者は「利用者は店舗の近所から歩いてくる人が圧倒的に多い。重い荷物を抱えたまま雪道を歩くのは困難で、『助かります』という声をたくさんいただいた」と話している。